家庭内でできる予防と対策

家族に水虫の人がいる場合、うつらないように予防と対策が必要です。家の中でしたら、別ページで挙げた経路の他に、白癬菌がうつる可能性のある場所は沢山あります。子供が水虫の場合、多くは家族からうつったものです。こうならないためにも予防と対策が必要です。

家庭での水虫予防・対策

家族に水虫をうつさないためにも対策を打たなくてはいけません。どんな場所に原因が潜んでいるか把握して、予防と対策に役立てていかなければいけないのです。家族に水虫が蔓延しないためにも徹底して行いましょう。

お風呂の足ふきマット

お風呂の足ふきマットには白癬菌が潜んでいます。水虫の人とマットを共有するのは避けましょう。温度も湿度もある足ふきマットは使用したあとは濡れたままにしないでしっかりと乾燥させましょう。どうしても共有する場合は水虫の人が一番最後に使用するなどの工夫をしましょう。

じゅうたんや畳

じゅうたんや畳にも白癬菌は潜みます。家の中では裸足になる人も多く、ここからうつる場合もあります。靴下を履く、ルームシューズやスリッパを履くなどして対策しましょう。これらは自分専用のものを用意し、絶対に共有してはいけません。

帰宅したらまずは足を洗おう!

外から帰ったら靴を脱ぎ、そのまま家に上がっていませんか? 水虫の人は足に汗をかきやすく、蒸れている人が多いです。靴を抜いで床を歩くと濡れた足跡が付く人もいますね。水虫菌をばらまいているようなものです。家に帰ったら、できれば玄関で足を洗ってタオルでよく拭いてから家にはいりましょう。蒸れたままの足では歩き回らないようにしましょう。

足の洗い方

足は低刺激の石鹸で指の間まできれいに洗いましょう。タオルでゴシゴシしてはいけません。指で優しくしっかりと洗いましょう。石鹸はしっかりとすすぎ、タオルで水分を十分に拭き取ります。使ったあとのタオルは別にしておきましょう。

洗濯物は外に干す

白癬菌は乾燥に弱いものです。靴下を洗濯するときには裏返しにして足のあたる方を表にし、洗濯して干すときはお日様に沢山あてて干しましょう。太陽の光にあたることで多少の殺菌にもなりますし、なによりもカラっと乾くと白癬菌は生きてはいけないのです。

掃除はしっかりと

家の中のゴミや埃の中にも白癬菌が潜んでいるときがあります。家の中がほこりっぽいと水虫になることもありますので、掃除はしっかりと行いましょう。床も雑巾がけをして、掃除機も隅々かけることで水虫の予防にもなりますし、家の中がきれいなのは気持ちがいいことです。