原因

水虫がなんで起るのか、なんとなく知っている人は多いでしょうが、詳しく説明できる人は少ないのではないでしょうか。きちんと原因を知って、しっかりと根本的な治療を行わなければ、何度も何度も再発してしまうことになります。

白癬菌って何?

原因としてよく聞く白癬菌ですが、どんなものなのかご存じでしょうか。皮膚の角質層に住み着くカビ(真菌)・皮膚糸状菌の仲間で、私たち人間や動物の皮膚を住処にします。角質を構成しているタンパク質で、ケラチンを栄養としていて、人間の皮膚のあるところならどこでも生息できるので、落ちた垢にもしっかりと生息しています。

水虫になりやすい環境

原因となる白癬菌が好む環境があります。ジメジメした湿った場所を好み、温度が15度以上、湿度70%以上の環境で、勢いよく増えだします。角質層の奥へと入っていきますが、そこよりも深い部分までは侵入しません。靴をはいたとき、足の指の間は温度が30度以上になり、湿度も95%を突破します。白癬菌の好む環境となり、足が水虫になりやすいのはこのためです。ケラチンがある角質層に住み着いた水虫は退治に時間がかかりますが、剥がれ落ちた皮膚に住み着いていた水虫は数週間しか生きていられません。しかし、水虫がうつっていく経路はこの剥がれ落ちた皮膚からによるものが最も多いのです。とにかく通気性をよくして、清潔を保っていることが一番です。

水虫の呼ばれ方

同じ白癬菌が原因でも、それが発症する場所で呼び方が違ってきます。呼び方が違うだけで、同じ水虫には変わりありません。

→しらくも(頭部白癬)

→足水虫(足白癬)

→手の水虫(手白癬)

→爪水虫(爪白癬)

→いんきんたむし(股部白癬)

これらの水虫の中で多いのはやはり足ですが、爪や手も最近では多く見られる傾向にあります。

どうして痒くなる?

原因が白癬菌と分かっても、それがどうして痒くなったり痛みを感じるようになるのでしょうか。これは白癬菌がケラチンを栄養源とするために角質を溶かし、このときに出る酵素のせいで痒みが発生します。痛みを訴える人もいますが、これは痒みのせいで引っ掻き、傷がついてそこからの二次かんせんによるものです。どちらの場合でも、放っておくと症状がどんどん悪くなるだけですので、気づいたら早めに治療しなければいけません。

かゆみ止めは効く?

水虫で痒いからと言って、自宅にあるかゆみ止めを自己判断で塗ることは厳禁です。絶対にやめましょう。水虫に普通のかゆみ止めを塗ると、中の成分が栄養源となって水虫がひどくなる場合があります。病院で水虫と診断されてから、しかるべき薬を使いましょう。

生活の変化で増えた水虫

日本の風土は水虫が好む風土です。高温まではいかないかもしれませんが水虫が増えるには申し分のない気温ですし、多湿であることは間違いありません。仕事で1日中革靴やパンプスを履きっぱなしの生活をしていれば、水虫になってもおかしくありません。湿気の多い梅雨を挟んで夏にかけて水虫患者が増えるのもうなずけます。昔靴下をはかず、草履や下駄の時代には、足が蒸れることもなく水虫もほとんど見られませんでした。時代の流れと共に増え続けた水虫は現代病とも呼ばれています。

水虫だと思ったら

痒いな、水虫かな? そう思ったらまずは皮膚科に行ってみましょう。【治療法】で詳しく触れていきますが、痒くなったり皮がむけたりしてきたら、きちんと診察を受けて、皮膚炎なのか水虫なのか診断してもらいましょう。皮膚科の看板を掲げている所では、水虫を専門にしている医師も多いので、違う科でついでに診てもらうのではなく、きちんと専門医の診断を受けましょう。